トントゥ・ブログ

カラダもココロもストレスフリーの生き方が理想

都会のオアシスでニュースキャン&ヴォイス・スキャンを体験♪

こんにちは! スタッフの白山です。

今回は大阪市内にある《 Life Style - М 》様で行われた体験会をサポートさせて頂きました。
今月は体験会のサポートをさせて頂く機会が多いおしろちゃんです(笑)

Life Style - М様にはキャリアを積んでおられる女性が多く、今回もお仕事帰りにお越しくださる方、夜に京都や神戸からも足を運んでくださる方がおられました。

車のメンテナンスを例に出しながら予防医学、定期的な身体のメンテナンスの必要性・大切さをお伝えした上で体験をして頂きました。
ニュースキャンからのサインを見ながら色々と身体の情報を読みといていくと、
「たしか子供の頃の体調は・・・」 「ここ数年同じ口癖が出ているなぁ」
など普段意識にのぼらないことがポロポロと出てきました。
やはり視覚化するって大事ですね~。
次回は娘さんと一緒にNSを受けたいと、2人分のご予約をしてくださる方もおられ嬉しい限りです。

このニュースキャンの体験会の特典として、皆さまにヴォイス・スキャンで声分析もさせて頂きました♪
こちらもとても評判がよく、将来の自分の姿をイメージでき、いま背中を押して貰ったような気持ちになった、と仰る方もおられました。
自分の声から自分の個性を知り、その個性を活かしてストレスのない人生を生きるって理想ですね(*^^*)

Life Style - М様では今後も不定期ながら体験会を開催していく予定です。
ご興味・関心のある方は是非お立ち寄りくださいませ!

SMS加盟店申込用紙

大切なあなたのからだ・・・・・・

いつメンテナンスされましたか?

毎日がんばっているココロとからだを

気軽にメンテナンスできる場所があったなら。

 

大切なお客様へ新習慣のご提案をしてみませんか?

「SMS加盟店申込用紙」のダウンロードはコチラから

「CURLY'S BARLY」様

こんにちわ!スタッフの田口です。

今回は福島県郡山駅から徒歩5分ほどにある
「CURLY'S BARLY」様をご紹介致します。

昭和53年、福島県郡山市の駅前に開業した薬局がその前身で、
「本来、病気を治すための薬は、この地球上に自然の形で
すべて存在しているのではないか」というそんな思いから、
平成4年、天然由来原料にこだわった製品の流通を
理美容サロンに向けて開始。
今では自社ブランドを含め、3つのブランドをラインナップし、
全国の美容室に提供しているそうです。

2018年暮れ、事務所を改築し、
バイオレゾナンスセラピー「バイタルLab.」として
新たなサービスを展開されております。

興味をお持ちの方、是非お問い合わせ下さい!
   

トータルビューティーサロン「 Hair&make air」様

こんにちわ!スタッフの田口です。

昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今回は千葉県市原市、五井駅から徒歩5分ほどにある
「Hair&make air」様をご紹介します。

こちらの美容室はエステやネイルサービスなどを提供し、
鍼灸サロンも併設するトータルビューティーサロンです。

Newscan SWⅡ(ニュースキャン)も大いにご活用頂いており、
リピーターの方も数多くおられるとか。

興味をお持ちの方、是非足を運んでみてください!
   

『 柏原よしき 話の会 』に参加させて頂きました。

許しあい“生きやすさ”を感じられる社会創りを目指して

こんにちは! スタッフの白山です。

滋賀県で発達障がい児のための教室を開いている柏原由樹さんが、大阪市内で 『柏原よしき 話の会』~子ども・障がい児の未来について “ ホンキの提案 ” ~ を開催されるとのご案内を頂き、大阪営業所全員で参加をさせて頂きました。
長年、発達障がいの方々と関わってこられた柏原様の熱い想いが会場全体に広がり「話の会」というよりも柏原さんの想いが迸る「語りの会」という雰囲気でした。

弊社会報誌『トントゥくらぶ』Vol.82で柏原さんをご紹介させて頂いています。
その記事にもお話がありましたが、糖質制限の大切さを知り自ら体感を得た柏原さんは、成長途上のお子さん特に発達障がい児にとって、糖質制限がいかに有効かということを広めていきたいという想いを強く持っておられます。
その糖質制限のお話だけでも聴き応え充分でした。

会の中盤では私たちに問いかけがありました。

─ 発達障がい児・身体障がい者に対し、許し合える社会を創ることはできないのでしょうか? ─

障がい者は言葉を<うまく伝えられない>ために身内にすら自分の言いたいことを「わかって貰えない」という経験をたくさんしてきています。
だから【許す】ということは日常的、自然発生的なのです。
言葉をうまく伝えられないだけで、彼らも伝える言葉をたくさん持っています。
それを私たちが意識して接することが大切、と柏原さんは教えてくださいました。

柏原さんは障がい者・健常者に関わらず皆が “ 生きやすさ ” を感じられる社会創りを目指しています。
「話の会」はその輪が少しでも広がるようにという想いで開いておられます。
柏原さんの許可を得まして、現在開催が決まっている日程・場所をご案内させて頂きますので、少しでもご興味・関心のある方は足をお運び頂けたらと思います。
※いずれも参加費は無料

①『柏原よしき 東京 講演会』
テーマ:子ども・障がい児の未来を本気で考える
・日 時:1月25日(金) 10:00~12:00
・場 所:町田市民フォーラム

②『柏原よしき 話の会』
テーマ:子ども・障がい児の未来を本気で考える
・日 時:2月21日(木) 18:30~20:30
・場 所:クレオ大阪中央