トントゥ・ブログ

現実に起こった奇跡のような出来事

会報誌の新年号をお楽しみに!

こんにちは! スタッフの白山です。

広島市で税理士事務所を経営されている安部優秀先生。

サバサバしたご性格、そして情に篤い先生です。

NSはご家族やごく親しいご友人知人へ活用してくださっています。

息子さんのお嫁さんやお孫さんの体調が非常に悪い時にNS のセラピーが効を奏し、今ではすっかりお元気になられているとお話くださいました。

聞けば聞くほどまるで奇跡のようなお話。

来年の新年号の会報誌「My NewScan Story」で安部先生をご紹介させて頂きますので、そのお話の一端でも伝われば嬉しいです。

そのお孫さんが高校2年生の時に書かれたという書道の2作品が、先生の事務所の会議室に飾られていました。

「ええっっ!?  これが高校2年生が書いたもの!?」

信じられないほど精密な書!

いつまでも眺めていたいくらいでしたが、残念ながら次のお約束のため事務所を出る時間となりました。

次回はゆっくり鑑賞させて頂きます(*^^*)

ちょっと真面目に、法律のおはなし。

12/4-5、東京営業所にて基礎セミナーを開催致しました。

お忙しいなか、13名様にお集まり頂きました。

初日は「操作セミナー1日目」。

フィルター項目の活用法などのNS基本操作の他、波動機器が出来上がった背景など、とても興味深い話が続きます。

2日目AMは「操作セミナー2日目」。

ヴェジェットテストやリプリンターなど、応用操作の説明です。

皆さま終始、熱心にメモを取りながら、お聴き下さいました。

そしてPMより「医薬品医療機器等法セミナー」。

法律のセミナーも、基礎セミナーの度に開催しております。

NSユーザー様には必ず受けて頂きたいセミナーです。

“薬事法” という法律が、2014年11月 “医薬品医療機器等法” へ改正され、より医療機器等の特性を踏まえた規制となり、強化されました。

皆さまご存知の通り、NSは医療機器ではありませんが、その分、逆に注意が必要な点も多々あります。

パンフレットやホームページでの表現方法、オプション名の設定、Facebook や blog への書き込み、画像投稿。

ついうっかり、法律に触れてしまう場合も。

その辺りをしっかり学べるセミナーです。

講師の井上浩一先生は、元厚生労働省・衛生専門官。

難しいと思われがちな法律の話を、具体例を織り交ぜながら、とても分かりやすくご説明下さいます。

『何がダメ、だけでなく、使ってよい表現がわかって勉強になった』

なお最近は「医薬品医療機器等法セミナー」受講の方に、受講証明証を発行しております。

過去に受講された方(井上先生の講座に限ります)への発行も承りますので、ご希望の方は弊社スタッフまでお知らせ下さいませ。

法律も常に変化してまいりますし、セミナー内容も毎回進化しております。

是非、定期的に再受講をしていただければと思います。

(R)

年末年始休業日のお知らせ

 

下記の期間を年末年始休業日とさせていただきます。

2017年12月28日(木)~2018年1月8日(月)

新年は1月9日(火)より通常営業を開始いたします。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

株式会社トントゥシステム

お客様に病からの自立を目指して頂くことがモットー!

 

パンダが目印“ドラッグtamura”さん。

こんにちは! スタッフの白山です。

今日は岡山市の「ドラッグtamura」さんをご紹介させて頂きます。

難病を抱えておられるお客様が、全国からご相談に来られるドラッグtamuraさん。

オーナーの田村先生は

「症状は1つでも原因は多様」

「原因は1つでも症状は多様」

という考えのもと、根本から身体を立て直すことが大切と唱え、ご相談者が病に対して自立できるようにと願ってご相談を受けておられます。

心理カウンセリング、中国医学、ホリスティック医学などを通し、お1人お1人へ真摯に向き合う田村先生を信頼し、遠方の方は前泊してご相談される方も多い薬局です。

NSを購入されてちょうど1年。本格的な活用は今年2月からですが、現在数十名の方がリピーターになっておられます。

「お客様自身が画面を見て自分の状態を自覚できるので、今までよりも自立を意識させるのが早いです。」

そう仰って頂けるほどNSの導入を喜んで頂けて嬉しいです♪

今後もよろしくお願いいたします!

今年最後の実践編セミナー@東京

11月末、東京では年内最後となる、田中凡巳先生の実践セミナーが開催されました。

・「神経系、循環器系、呼吸器系の調え方、ストレスマネージメント」

・「泌尿器系、肌(美容)、消化器系(目・鼻・耳)、消化器系、筋肉・骨格の調え方」

NS中の約630箇所の部位より、セミナータイトルに関連する部位の働きについて、たっぷり解説して頂けるのが、毎回とても有り難いです。

分からない部位について、普段からインターネット等で検索すれば良いのでしょうが、忙しい方には難しい作業。

しかも調べても、難しい用語はなかなか頭に入らない。笑

各部位の分かりやすい解説に、田中先生のギャグとユーモアが加味されて楽しく学習できるのが、セミナーの醍醐味です。

リピーター様が多いのも頷けます。何回か受講してやっと理解できて来た!というお声もよく伺います。

座学の後は、毎回新しいNSセラピーを、たっぷりご自身で体験して頂けます。

お客様からのご質問に対し、田中先生の東洋医学・西洋医学的観点、様々なご経験からアドバイスを下さるので、ついつい様々な質問が飛び出しますが・・

ここで皆様に一つ、お願いがございます。

ご質問される前に、ぜひ皆様ご自身でも勉強をして頂きたく思います。

例えば、東洋医学の基礎をご存知ないと、折角の田中先生のアドバイスがうまく受け取れず、かえって分からなくなってしまう事もあるかと思います。

田中先生もよく仰います。

「東洋医学の本は、今やコンビニでも売っています。西洋医学のお薦めは“家庭の医学”です。何でも良いので、1冊しっかり読んで下さい。」

ご自身のお考えをしっかりお持ち下さると、NSセラピーにも自信が持てると思います。

今回は生意気を申しまして誠に申し訳ございませんが、皆々様のご理解とご協力を、何とぞ宜しくお願い申し上げます。(R)