トントゥ・ブログ

セミナー中止のお知らせ

11月17日に予定されておりました、

操作セミナー応用編(大阪)

医薬品医療機器等法セミナー(大阪)

の開催を諸事情により中止とさせていただきます。

ご了承くださいませ。

 

“お手製ヘッドホンカバー”でピコピコ

 

ヘッドホンスタンドもお手製です♪

こんにちは! スタッフの白山です。

リサーチやセラピーに欠かせないヘッドホン。

ヘッドホンのクッション部分をなるべく痛めない

ようにと、ヘッドホンカバーをお使いの方は多い

のではないでしょうか?

 

先日、愛知県豊川市にあるサカキバラモデル

株式会社様から、写真のようなお手製のヘッドホン

カバーを見せて頂きました。

カラフルで可愛らしいでしょう!?

お手製ですから好みに合わせて、生地の組み

合わせをカスタマイズなさっています(^O^)

 

ヘッドホンに装着するゴムの強さには、ひと手間

の工夫が必要だそうです。※その工夫は企業秘密(笑)

そしてお気づきの通り、ヘッドホンスタンドもお手製♪

こんな風にお手製があると愛着もわき、より一層

楽しくセラピーができそうですね。

『集客に繋がる実践セミナーとNS美容講座』好評開催中♪♪

~大阪編~

こんにちは! スタッフの白山です。

10月16日の東京営業所での開催に引き続き、23日には大阪営業所で
『集客に繋がる実践セミナーとNS美容講座』が開催されました。

セミナー開始前に参加者の皆さんに、このセミナーでぜひ解決したい疑問・質問を記載して頂きました。

皆さんの共通の疑問として、、、

・NSをどのように表現して紹介すれば理解されやすいの?
・魅力的なちらしを作成するには?
・集客やリピーターになって頂くには?
・体感が得られるようにするには?
・ダイエットやリフトアップを希望される方へ、即効果が期待できる具体的な方法は?

など。

現在あるいは今後、NSをお仕事で活用されるという方々ばかりでしたので、具体的な内容が多くみられました。

弊社の畠山と北村が、数多くの現場でご相談を受けた経験から、皆さんの疑問に対して余すところなく、その【極意】をお伝えさせて頂きました。

NSを紹介する際の表現では、最大の特徴である「周波数」「共振・共鳴」を理解して頂きやすいように、実際に音叉を使ってご説明したり、体感を得るにはまず代謝をあげる身体作りが必要というご提案も。
他にもこういう部位もチェックしてみては!?ということもご紹介(^^)

そして特に女性が嬉しい(もちろん男性も!)小顔作りには、NSだけを使ってデモンストレーション!
セラピーをしていると会場からは「ほぉぉーーーっっ」と声が漏れました。
もちろん、打ち合わせナシですよ~(笑)

そして自宅で実践できる顔のタッピング法や骨盤の調整法もご紹介しました。
皆さん、続けておられますか?秘訣は「続けること」ですよ!

セミナー終了後には「このような形式のセミナーを随時開催して欲しい」との要望をたくさん頂きました。
ご参加してくださった皆さん、ありがとうございました!!

次回は11月3日名古屋で開催いたします。
まだお申込みをされておられない方は、空席が少なくなってきていますので、お早めにお申込みください。

 

 

愛らしい “トントゥ” がお出迎え♪♪

トントゥもニュースキャンをしてる!?

こんにちは! スタッフの白山です。

雲一つない秋晴れのある日。和歌山市のお客様を訪問しました。

「仕事場の一角にニュースキャンを置いて使っています。」
と仰る吉増享さん(写真左)。

 

お仕事場のドアを開けて、最初に眼に飛び込んできたのは、私たちにお馴染みの “トントゥ”!
しかもヘッドホンをかぶってる!!

 

「インターネットでトントゥを探していたら、ちょうどこの子を見つけたんです(笑) しかも正真正銘、フィンランド製ですよ。」
こんなに可愛らしいトントゥが迎えてくれるなら、何度でも足を運びたくなります(笑)

色んな表情のトントゥがあるそうなので、皆さんもお気に入りを見つけて、セラピールームに飾ってはいかがでしょう?

 

クリスマスの足音が早く聞こえてきそうな、ほっこりとした気分になったひとときでした。


 

~ご住職も健康管理に活用中~

 

片手使いの指捌きに感動

こんにちは! スタッフの白山です。

群馬県伊勢崎市にある全東院。

小倉覚禅ご住職は、今年から健康管理・維持のためにニュースキャンをご活用してくださっています。

ご挨拶を済ませるとすぐにニュースキャンを起動し、マウスを使わずに鮮やかな指捌きでタッチパッドを、しかも右手ひとつで操作なさっている姿に感動してしまいました(^O^)

フォロー中にご住職から有難い説教をいただく機会がありました。

「人間はなんのために生きているのでしょう?」

と小坊主さんが和尚さんにそう尋ねたそうです。

「それは愚問。お釈迦様でさえ答えを見つけられなかった。だからお前は一日一日を精一杯生きなさい。」とお答えになったとか。

この問いは永遠のテーマですね。

ニュースキャンで健康寿命を延ばして、自分なりの答えを見つけるのも、生きる張り合いになるかも!?