トントゥ・ブログ

博多でセミナーが開催されました!

 

「人体のしくみと生理学セミナー」

皆さん、こんにちは!

5月22日(日)博多にて、医療法人社団てんわかかりつけ医院 院長の馬場清志先生による、特別セミナー「人体のしくみと生理学」が開催されました。

Newscanを扱う上で知っておきたい、体の構造、働き、循環、また先生のご専門でもある認知症や防止法について、とてもわかりやすくお話し下さいました。

講義の最初に、「“ストーリーテラー”であれ」とお話しがありました。医者でも、セラピストでも、ストーリーを患者、クライアントに話すことで、信頼が生まれ、安心していただける。

例えば、何か症状があるクライアントが来られた場合は、「以前も同じようなお悩みの方がいらっしゃって、○○を行い、改善に向かっています」や、「今、セラピーしている部位は○○の働きをしていて、ここを調えると○○に期待できる」、もしくは改善した場合、その後の夢や希望を聞き、一緒に話してみる、など。

なるほど、確かにNewscanはすべて機械がチェック、分析、セラピーをしてくれますがセラピストが持つ知識や情報で、クライアントの安心感、満足感は大きく異なってきますね。

本日ご参加いただいた受講者の方々も、知識の吸収に余念がなく、講義中、講義後も多くの質問をなさっていました。

次回の馬場先生のセミナーは、7月24日に東京営業所にて開催予定です。

残席わずかのため、受講希望の方は、お早めにお申込みくださいませ!!

ただいま85歳。≪健康脳≫を目指しています♪

 

「六十の手習い」ならぬ「八十の手習い」(^^)

こんにちは! スタッフの白山です。

先日、弊社最高齢のお客様へお会いしました。
3月に85歳を迎えられた倉田さん。
2年前にNSに出会い、ご自身のケアにとご購入してくださいました。
NSを使うことが、初めてパソコンを使うという状況。
その時なんと83歳。「六十の手習い」ならぬ「八十の手習い」です(^^)
「ダブルクリックも覚束なかったのよ」という言葉が信じられないくらい、マウスさばきが鮮やか!!

雑誌で気に入った健康記事を見つけると切り抜きをして、お友達とその話題で盛り上がったり、時にはセラピーから茶話会になだれ込んだりもするそうです。

お嫁さんもNSが好きで、いつも「子宝」メニューで身体を調えてあげているそうです。
お孫さんが誕生したら、倉田さんの周りはますます賑やかになりそう。
ぜひお孫さんのお顔も拝見したいです♪

脳幹を活性化 ─ 「BSセラピー」様

生命維持に欠かせない脳幹をイキイキと!

こんにちは! スタッフの白山です。

ご存知のように脳幹は私たちが生命を維持する上で、
非常に重要な働きをしています。

脳幹に問題がおこると自律神経や呼吸、心臓まで機能しなくなるので、常に正常に働いて欲しいですね!

そんな重要な脳幹を活性化させるセラピーをなさっている「BSセラピー」(神戸市)様。
院長の駒川先生(右)とセラピストの槌谷さん(左)の笑顔に、ついついこちらの口元も緩みます。

 

 

脳幹とニュースキャンの関係。気になる方は
次号『トントゥくらぶ vol.53』をお楽しみに!(^0^)!

 

※駒川先生が見つけたヘッドホンスタンド。NSのヘッドホンにベストマッチです♪

金丸幸市先生、特別セミナー『子宝相談におけるNSの活かし方』

金丸先生のお人柄に皆が魅了されました!

こんにちは! スタッフの白山です。

5月15日、東京営業所で金丸幸市先生の『 子宝相談におけるNSの活かし方』

特別セミナーが開催されました。

宮崎県にある金丸先生の『くすりの麗明堂』には、毎日全国から子宝相談の

声が寄せられています。

長年に亘るご経験を活かしてNSをどのように子宝に活用していくか、先生の

手法を3つにまとめて、惜しみなくご披露してくださいました。

そして子供を授かるための8つの大事なポイントも教えてくださいました。

その中に睡眠をとるゴールデンタイムがあります。

ご相談にこられたお客様で「この時間はムリ!」と仰る方がおられるそうです。

そんな時は実生活に根差した例えばなしをお話しされ、皆さん全員が納得して

実践されるそうです。

その例えばなしの面白いこと!!

いえ、セミナーは金丸先生の軽妙な語り口で終始笑いがたえませんでした。

金丸先生にご相談したら、「ひょっとして子宝に恵まれるかも!?」と期待を

膨らませたおしろちゃんでした(激笑)

次回の金丸先生の特別セミナーは、大阪営業所で8月か9月に開催する予定です。

お楽しみになさってください(^o^)

新デバイスケース交換および新規パソコン発注について

いつもNewscan‐SWⅡをご愛顧いただきまして
誠にありがとうございます。

2016年2月にデバイスのデザインを一新いたしました。
それに伴い既存のNewscan‐SWⅡユーザー様におきましても
ご希望の方にはデバイスケースの交換及び新規パソコンの
発注を受付いたします。
※商品代金が発生いたしますので、ご注意ください。
※金額につきましては発注書をご確認ください。
※送料はお客様ご負担となります。

下記リンクより発注書を印刷していただき、必要事項を
ご記入の上、FAXにてお申し込みください。

※ご注文の集中などにより、納期の遅延が発生する場合が
ございますので、ご了承ください。
※ご不明点のお問い合わせ等は各営業所にお願いいたします。

デバイスケース交換および新規パソコン発注書はコチラ