トントゥ・ブログ

杉山晃一先生主催《NSの会》に潜入!

 

金曜日の夜はセラピーの♪二重奏♪

こんにちは! スタッフの白山です。

皆さま、今月号のトントゥくらぶをお読みになられた頃かと思います。

今回の「おじゃまします!」では、尾道市立市民病院の内科医長を務めておられる杉山晃一先生をご紹介させて頂いています。

先日、先生が主催される噂の(!)《NSの会》にお邪魔してきました。

先生がご担当されている患者さんを始め、お知り合いの建築士の方が三々五々集まって来られ、和気藹々とした中で会は始まりました。

今回は杉山先生へNSをご紹介された愛媛の二宮さんもセラピーにご参加され、NSの会はまるでセラピーの二重奏のような様相を呈し、楽しく盛り上がりました。

二宮さんのセラピーをご覧になった先生は「いやぁ。今日は私にとって学びの場となりました。これからも精進します。」と穏やかでありながら更なる熱意を秘めた口調でお話しくださいました。

内科医長として医療の現場に携わりながら、プライベートでもセラピーをされる杉山先生。

近隣の方々が羨ましくなった金曜日の夜でした。

『ストレスチェック制度』義務化に伴いNSを活用中

社員同士で心身のコンディション作りに励んでいます

こんにちは! スタッフの白山です。

鹿児島の中心地にある総合ビルメンテナンス会社では、昨年12月から義務化された

ストレスチェック制度を遂行するにあたり、NSを活用してくださっています。

先日、経営者のN会長にお逢いしました。

社員の中には身体の不調で退社せざるを得なくなった方や現在闘病中の方もおられ、

なぜ早く気づいてあげられなかったのかと胸を痛めておられました。

「社員の健康は個人任せではなく、今や企業側も配慮する時代です。」とN会長。

病気にならない身体作りを目指して、社員皆さまのためにリラクゼーションルームまで

ご用意されています。

そこで複数の専任オペレータが、交代で社員研修の機会にセラピーをなさっています。

ありがたいことに最近は一般企業様で、健康管理を推進するツールの1つにNSを導入

されるケースが増えてきました。

病院に行く前の日々の健康チェックとして、長く愛用して頂けるようにサポートをして

いきたいと思います。

復興真っ只中。熊本からこんにちは♪

地震からニュースキャンを守り抜きました!

こんにちは! スタッフの白山です。

あの熊本地震から半年。

熊本市内はそこかしこに地震の影響があるものの、少しずつ日常を取り戻しつつありました。

今年の春先に熊本市内にあるご自宅でニュースキャンのサロンをオープンさせたKJさん。

お客様のセラピーが終わり、団欒を楽しんでいたところに地震に遇われました。

その時真っ先に頭に浮かんだのはニュースキャンのこと。

「ニュースキャンだけは守らないと!!」

大きく横揺れする部屋の中でニュースキャン一式を抱えて逃げたんだそうです。

地震が起きた瞬間、一緒にいたご主人はKJさんを守ろうと両手で身体を庇ってくださったそうです。

その両手をスルリと抜けKJさんはニュースキャンのもとへ走ったのだとか。

過ぎ去ってみれば笑い話。

再び気持ちの良いお部屋作りを目指しながら、笑顔がこぼれる明るいセラピーをなさっておられる姿が印象的的でした。

Newscan操作中、パソコンの操作ができなくなった時の対処方法(for Windows7)

Windows10の操作はこちら

ニュースキャン(Newscan)を操作中、パソコンの操作が出来なくなった場合の対処法をご案内いたします。

まず最初に、より適切な対処を行う為に以下の確認を行ってください。

1.キーボード左下の「Windowsキー(Windowsのロゴマークが描かれたキー)」を押して、ウィンドウズ・メニューが表示されるかを確認してください。

2.メニューが表示されなければ「対処法A」、メニューが表示されれば「対処法B」を行います。

対処法「A」

状態:パソコン本体がフリーズ状態(全ての操作が不可能な固まった状態)ですので「強制的な再起動」を行います。この場合、保存されていないデータが失われたり、OSが不安定になる可能性はありますが、パソコンの操作が出来ない以上この操作を行う以外に方法はありませんので、ご本人の責任において操作を実施してください。

1.電源ボタンを長押し(画面が真っ暗になるまで押し続けます)画面が真っ暗になったら手を離してください。

2.10秒ほど待ってから、再度電源ボタンを押します。

3.起動時に以下のメッセージが表示された場合は、キーボードの下向きの矢印ボタンを選択して「Windowsを通常起動する」を選択した状態で「enter(エンター)キー」を押します。

4.Windowsが起動すれば完了です。

 

対処法「B」

  1. 「ウィンドウズボタン」をクリックして、タスクバーを表示させます。
  2. タスクバーの上で右クリックをして、「タスクマネージャーを起動」を選択します。
  3. 起動したタスクマネージャー・ウィンドウの「詳細」タブから「NewScan.exe」上で右クリックして、タスクの終了を選択します。


     
  4. 念のため、再度Newscanが正常に起動するか確認します。

 

以上でトラブルの対処は終了です。

 

 

 

Newscan操作中、パソコンの操作ができなくなった時の対処方法(for Windows10)

Windows7の操作はこちら

ニュースキャン(Newscan)を操作中、パソコンの操作が出来なくなった場合の対処法をご案内いたします。

まず最初に、より適切な対処を行う為に以下の確認を行ってください。

1.キーボード左下の「Windowsキー(Windowsのロゴマークが描かれたキー)」を押して、ウィンドウズ・メニューが表示されるかを確認してください。

2.メニューが表示されなければ「対処法A」、メニューが表示されれば「対処法B」を行います。

対処法「A」

状態:パソコン本体がフリーズ状態(全ての操作が不可能な固まった状態)ですので「強制的な再起動」を行います。この場合、保存されていないデータが失われたり、OSが不安定になる可能性はありますが、パソコンの操作が出来ない以上この操作を行う以外に方法はありませんので、ご本人の責任において操作を実施してください。

1.電源ボタンを長押し(画面が真っ暗になるまで押し続けます)画面が真っ暗になったら手を離してください。

2.10秒ほど待ってから、再度電源ボタンを押します。

3.起動時に以下のメッセージが表示された場合は、キーボードの下向きの矢印ボタンを選択して「Windowsを通常起動する」を選択した状態で「enter(エンター)キー」を押します。

4.Windowsが起動すれば完了です。

 

対処法「B」

  1. 「ウィンドウズボタン」をクリックして、タスクバーを表示させます。
  2. タスクバーの上で右クリックをして、「タスクマネージャーを起動」を選択します。
  3. 起動したタスクマネージャー・ウィンドウの「詳細」タブから「NewScan.exe」上で右クリックして、タスクの終了を選択します。

     
  4. ダイアログメッセージが表示されますので、「プロセスの終了」をクリックします。

     
  5. 念のため、再度Newscanが正常に起動するか確認します。

 

以上で、このトラブルの対処は終了です。