トントゥ・ブログ

認知症専門医による「人体のしくみと生理学」セミナー開催

「てんわかかりつけ医院」の馬場清志先生にご登壇いただきました。

こんにちは! スタッフの白山です。

4月3日に大阪営業所で「人体のしくみと生理学」セミナーが開催されました。
関西はもとより中四国や関東からも足を運んでくださり、本当にありがとうございました。

馬場先生は認知症専門のドクター。
兵庫県赤穂市に「てんわかかりつけ医院」(http://tenwakakaritsuke.com/)を開業されています。
医院のホームページには、先生が医師を目指すきっかけや、老年科に進むきっかけがご紹介されています。
セミナー当日もそのことに触れてお話してくださり、先生とは初対面の方にとって一気に親しみを感じられたことでしょう。

セミナーで印象に強く残っているお話は、

・ニュースキャンを扱う私たちは、相手の情感に訴える技量のある『ストーリーテラー』になること。
・自分が興味のあるテーマを1つ決め、突き詰めて勉強をし専門性を身に付けると、お客様へ自信をもって話ができるようになる。
・そのようなストーリーテラーになると「リアリティ」がプラスされ、お客様に喜んで頂けるセラピストに近づくことができる。

確かに、日々研鑽し自信のある方や丁寧な対応をしてくださる方の所へは『また行きたい』と思いますね。

その他『老化の原因』となる三大要素や、元気で長生きするためのQOLの秘訣を惜しみなく教えてくださいました。

今回セミナーへご参加できなかった方には、今後も馬場先生をお招きしてセミナーを開催できる日を、楽しみにお待ち頂きたいと思います。

 

 

 

関連項目 : スタッフブログ  |  セミナー  |  ニュース&トピックス