トントゥ・ブログ

市川加代子先生、「自分が源です」

こんにちは!スタッフのルナです。

8月23日、大阪営業所にて、自然療法研究家・食養料理研究家の市川加代子先生をお迎えし、「自然療法とニュースキャン」セミナーを開催致しました!

今年4月に東京で初めて開催され、大好評だったこのセミナーが大阪でもようやく初開催!私も楽しみにしておりました。

市川式恢復療法による手当は、びわの葉、生姜など自然のものを使って、自然治癒力を上げるというもの。

セミナーでは、身近にある爪楊枝を使って患部を刺激し、痛みを緩和する方法や、手で撫でるだけの「あったかナデナデ」を皆さまにも体験して頂き、大盛り上がりでした。

そして、NSは自分を知る、経過を見るツールとして抜群です!と受講者の皆さんにも太鼓判を押して下さり、先生独自のご使用法も披露して下さいました。

市川先生のお話は、人として生活の原点を振り返らせてくれるような内容ばかりで、病気や治療に対し、難しく考え過ぎていることを改めて思い知らされました。

「病気の人は唾液が少ない、唾液を多く出すためには、梅干し食べるのもいいし、まずは良く噛むこと。皆んな、噛みながら飲み込んでるでしょ。」‥うん、うん、その通りです‥(汗)

私だけではなく、受講者の皆さまも首を縦に振っておられました。

とても分かりやすく、そしてNSと併用してすぐ実践できる内容で、本当に勉強になりました。

 

 

関連項目 : スタッフブログ  |  ニュース&トピックス