トントゥ・ブログ

馬場清志先生による【人体のしくみと生理学】特別セミナー開催@大阪

4時間、ほぼノンストップ!

こんにちは! スタッフの白山です。

7月22日、兵庫県赤穂市にある『てんわかかりつけ医院』の院長、そして弊社の顧問である馬場清志先生をお迎えして人体のしくみと生理学】セミナーを開催いたしました。


今回ご参加された方は全員、馬場先生のセミナーが初めての方々ばかりでした。

細胞の代謝、血液の働き、免疫システム、栄養素の解説に加えて、老化とは何かなどを時間の許す限りお話しくださいました。

細胞は栄養素や酸素を取り込み二酸化炭素や老廃物を出す、という働き(代謝)が全て。

この働きが低下すると当然のことながら健康に影響を及ぼします。

私たちが元気かどうかという指標として

血液を送り届ける循環器系は元気か?血管は元気か?

血液が酸素を運ぶので呼吸器系は元気か?肺や気管支は元気か?

老廃物を出す腎臓は元気か?

消化器系は元気か?

など大きく全体をみることの大切さを教えてくださいました。

そして何よりも「赤血球が元気なことが健康の必須条件」だとも教えてくださいました。

皆さま、赤血球はお元気ですか?



馬場先生は認知症専門のドクターです。

認知症は老化現象の1つとして考えておられ、その老化を防ぐには栄養、エネルギー、酸化がカギを握っているようです。

これはストレススキャナーを使って定期的にチェックする必要がありますね(^_-)

セミナーでは馬場先生の超プライベートなご経験もお話しくださり、笑いや感動がありグッと先生との距離が近づいたように感じられました。

ありがたいことに休憩時間も熱心にご質問をされる方もおられ、ほぼノンストップで進んだ今回の特別セミナー。

あいにく時間切れで今回お話しできなかった内容は、次回の楽しみにとなりました。


最後になりましたが、猛暑のなかご参加くださいまして感謝申し上げます。

ありがとうございました m(_ _)m

 

 

関連項目 : スタッフブログ  |  ニュース&トピックス